看護師求人│経験やブランクの有無による有利不利について

看護師求人で今求められている人材とは?

より良い条件の職場で働きたいと思った場合、どういった人材が求められるのかということも知っておいたほうがいいですよね。もし、何度も転職活動をしているものの、自分が望んでいる職場で採用してもらうことができないという場合は、求められている能力に達していない可能性が高いです。

採用率が高い看護師には、いくつかの特徴があります。まず、医療機関で3~5年の経験があるということも採用する側からすれば大きな魅力だと言えるでしょう。当然のことながら、経験は多いほうがいいです。新卒で働き始めて全く経験がないという人よりも、ある程度知識や経験がある人のほうが優遇されるのは当然ですよね。

それに、3~5年間の経験があれば、即戦力として働ける人材であることが期待されます。経験が足りない人を雇った場合、病院側はどうしても指導のために時間と人を割かなければなりませんが、これは人手が足りていない病院側にとって大きなデメリットとなってしまいます。採用後、即戦力として働ける人は採用率が高くなると言えるでしょう。

それから、ベテランナースと呼ばれるような長年の経験がある人は、更に厚待遇で迎えてもらえる可能性が高いです。最初からチーフやリーダーとして採用されれば、手当などでも収入が上乗せされていきますよね。

ただ、自分は新人だしあまり経験がないから転職は難しい、またはブランクが10年ほどあるから転職はできないと思っているのであれば、これは間違いです。確かにベテランの看護師はどこの医療機関でも重宝されますが、こういった人たちを獲得するためには、病院側も好条件を提示する必要があります。

しかし、力のない病院は大手の病院のように好条件を提示することができないため、採用条件を緩く設定しているところが多いのです。本音は経験豊富なベテラン看護師を獲得したいと思っている病院でも、新人看護師や長年のブランクがある看護師を積極的に採用していたりします。

現状からいえば、どこの病院も看護師不足の状況に困っているので、看護師資格を持っている人ならば相当条件を厳しく設定しない限り転職活動は難しくありません。

一般内科での看護師の仕事とは

一般内科や総合内科の看護師求人はたくさんあります。ここでは主に外科的な手術ではなく、食事や薬などの抗生物質で治療を行うことになります。不調の原因がはっきりしている患者さんの場合、より専門的な医療機関へ行くわけなので、一般内科・総合内科では体調不良の原因がわからない患者さんもたくさん訪れます。

どこに相談に行けばいいか分からずに一般内科・総合内科を相談する人も多いため、総合的な知識を持っている人が求められると言えるでしょう。症状を判断するのはもちろん医師ですが、看護師も欠かせない役割をたくさんもっています。

例えば、診察の補助をするというのも看護師の大切な仕事ですよね。採血や健康診断、点滴や注射なども行います。それから、一般内科・総合内科の中には入院設備を持っているところも多いため、そういったところでは24時間体制で患者さんを支えていかなければなりません。

また、内科ということもあり、生活習慣病治療のために病院を訪れたり、入院をする患者さんとも多く接する機会があります。慢性化している病気の場合、長く入院が必要になってしまう患者さんもいるわけですが、そういった患者さんの多くは精神的にも看護師に支えられています。

生活習慣改善のためのアドバイスをすることも大切な仕事ではありますが、患者さんと明るくコミュニケーションを取り、患者さんが安心して入院生活を送ることができるよう助けてあげることも大切です。

それから、当然のことながら長く入院をしている患者さんのご家族などにも出会う機会があります。患者さんだけでなく、家族とのコミュニケーションも取っていく必要があるので、コミュニケーション能力を身に付けたいと思っている人にも一般内科・総合内科での仕事がおすすめです。

総合的に様々な患者さんと接する機会があるため、一般内科・総合内科で働いていた看護師は他の科に異動をしたとしても重宝される場合が多いです。転職活動にも知識を役立てることができるでしょう。